FC2ブログ
2016.01.08

春に間に合え!コートづくり その1

突然の企画で申し訳ありません・・・!!

ようやく、アクセサリー方面のイベント、制作が落ち着いたので、
私のライフワーク、お洋服づくりに取り掛かることにしました。

アクセサリー作家としてこちらのブログをご覧になっている方もいらっしゃると思いますので、
軽くご説明を。
私、ユビトテは、もともとは服飾の専門学校出身で、アクセサリー作りも行いながら、
自分のお洋服、ときどきご依頼があれば、お洋服のオーダー製作、お修理も行っております。

今までも、作ったお洋服の写真は載せていたのですが、
せっかくなので、私がどんなふうにして服作りに取り組んでいるのか、
紹介してみよう!と思い立ったわけなのです。
オーダーの場合は、ご依頼主様の都合もあり、ご紹介できない部分も、
自分の服なら問題ない!ということで、、、

文章も、そして期間もながーくなるかと思いますが、
すこしでも興味を持っていただけたら嬉しいです。




やっとここからスタートです。
タイトルにもあった通り、コートを作ります!

自分好みのスプリングコートが欲しくて、何年も探したのですがなかなか出会えず、
なら作るか?と思い立ったのははや数年前。。。
生地はちょうど1年ほど前に購入しました(この時点でもう何年越しなんだか・・・)

PicsPlay_1452256485882.jpg

モスグリーンのリネンウールです。
洗いこまれた風合いが良かったので、こちらに決定。

生地ありきでデザインを考えます・・・
ちなみに、いろいろ悩みすぎて、半年ぐらいはデザインが決定せず・・・
生地代をかなり奮発したので、いい加減なものは作れない・・・

自分の中で決まっていたのは、
・春先と秋口に着られるように、ライナーも作る!
・生地のナチュラル感をいかして、かわいくも大人っぽい雰囲気
・きれいめすぎない、カジュアルにも使えるコート(自分の所持しているコートがかっちりしたものばかりなので)

でした。

それを踏まえて、いろいろ考えた結果

IMAG0622.jpg

おおざっぱな骨組みが決定!
ふんわりとしたシルエットで、セーラー風の襟にしてみました。
線がごちゃごちゃしているのは、パターン(型紙)を引きながら、いろいろ手直ししていったためです。
パターンを引きながら、やっぱりこっちの方が・・・と、修正する事、私は結構多いです。
学生の頃は、デザイン通りにがっちがちに作ることがほとんどだったのですが、
自分で模索し始めてからは、もっとこうしてみたら面白いかな?とか、少し柔軟に、
可能性を探る作業も多くなりました。
それによって手間が増えてしまったり、迷ってしまうこともあるのですが、それも含めて、
自分一人でイチから作る醍醐味だと思っています。

そして、いよいよ型紙に起こします。

IMAG0623.jpg
自分の体形に合わせて製図します。
下にあるのが身頃、上にあるのが袖です。
ちなみに製図道具は学生時代のものをそのまま使用。
慣れているので使いやすいです。

文章にするとあっさりしていますが、その間にも、着丈、身幅、裾の広がり具合、襟のあき具合などなど、
いろいろ試行錯誤しています。

IMAG0624.jpg

今回一番苦戦したのは襟まわり。
今までに引いたことのない形だったので、これで大丈夫かな?とパターンの教科書とにらめっこ。
学生のころ、あれだけ必死にやったのに、気づいたら思い出せない・・・なんてことも多々。
なんだかんだ、教科書には感覚を取り戻すお手伝いをしていただいてます。

さて、ひととおりの型紙がひけたら、さあ生地を裁断!!
とはいきません。

だいじなひと手間、仮縫いに向かうのですが・・・
今夜はひとまずここまで。

はたして、春までにコートは出来上がるのか?
長い戦いになりますが、お付き合いいただけたら幸いです。




スポンサーサイト

この記事へのトラックバック URL
http://yubitote.blog.fc2.com/tb.php/172-14db16be
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する