2016.03.12

春に間に合え!コートづくり その6

さあ、今回はいっきに進めていきます!

袖、襟、ポケットなど、パーツを仕上げたら、それぞれを合体していきます。

IMAG0734.jpg

こちらはポケットを身頃に縫いとめたところ。
生地が重なって、縫いずれしやすいパーツは、しつけ留めをしてから縫うと
失敗が少なくすみます。(ステッチの内側の白い糸がしつけです)
急がば回れです。

IMAG0735.jpg

身頃の裏側はこんな感じ。
小さく注釈をつけていますが、ポケット口のあたり、共布が縫い付けてあります。
着用すると負担のかかりやすいポケット口、布がさけたりしないように、
補強をしました。

ちなみに、総裏地の仕立ての場合は、身頃に接着芯を貼ることが多いです。
今回は、裏地がなく、脱いだ時に見えても違和感がないよう、
この方法を選びました。

仕立ての方法は、本当にいろいろあって、素材、仕様によって、同じデザインでも
仕立てを変えなければいけないこともあります。
毎回悩むことも多く、奥が深いです・・・

さて、気を取り直して。
今度は身頃同士を縫い合わせていきます!

IMAG0737.jpg

先程も書きましたが、この部分も、素材に合わせて二度縫いで仕上げていきます。
織りが甘い生地で、一度縫いでは、縫い目から生地が裂けやすいためです。
図のように、片側の縫いしろで、もう一方の縫い代をくるんでステッチをかけることで、
二度縫いと、縫い代端の始末も同時にできる方法です。

同様に、後ろ中心、肩の切り替えを縫ったら、前端に見返しをつけます。

IMAG0744.jpg

前あきがループ留めなので、共布で作っておいたループを挟み込んで縫っていきます。
だいぶ完成形が見えてきました!!

IMAG0743.jpg

ちなみに、後ろ姿はこんな感じに。
中央にタックを入れて、飾りステッチを入れました。

IMAG0742.jpg

現状はこんな感じに!
身頃はほぼ完成です。
ところどころステッチがかかっていないので、ちょっとふわふわしてますが。。。

次はいよいよ肝心かなめ、袖と襟をくっつけていきます!
やっとゴールが見えてきました・・・




最後に、現在進行中のイベントも・・・

【春のブローチまつり2016】
3月10日(木)〜3月29日(火)(※会期中、水曜定休)andante ギャラリースペースにて開催します。

〒731-0221 広島県広島市安佐北区可部3-20-23 2階
tel.082-205-8242

ちょっとした贈り物にもつかえるブローチを納品しています*
お近くの方がいらっしゃいましたら、お立ち寄りください!




スポンサーサイト

この記事へのトラックバック URL
http://yubitote.blog.fc2.com/tb.php/183-42fa9b7f
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する