2016.03.14

春に間に合え!コートづくり その7

知らないうちにけっこうな回数になってきました・・・
もはや自己満足以外の何物でもないこのコーナー、お読み頂いている方には
本当に感謝いたします・・・!!

いよいよ大詰めです!

IMAG0747_20160314214526a74.jpg

お洋服の顔ともいえる、衿付けの作業です。
こちらは衿の裏側、矢印の部分を縫ったところ。
左右で仕上がりが変わらないよう、慎重に・・・

IMAG0748.jpg

表側はさらに慎重に。
ミシンよりは手縫いの方が得意な私・・・
今回は、失敗したくないので、手縫いで仕上げることにしました。
いったんピンで仮止めして、つれたり、しわができていないか確認・・・
型紙通りにいかないこともあるので、この段階で最終調整をします。

IMAG0749.jpg

縫いあとの目立たない、まつり縫いで仕上げました。
落ち着きの悪い所は、アイロンで収めていきます。

学生の頃は、このテーラードカラー(刻みのある衿の形をいいます)が苦手で・・・
あまり綺麗にできた記憶がなかったので、
今回久しぶりに挑戦してみて、少しはあの頃より上達したかな?
と胸をなでおろしました、、、

とはいえ、まだまだ上を目指して、精進精進!

IMAG0745_201603142145242a8.jpg

袖も、表地と裏地を合わせていきます。
仕上げ作業は、自然と手縫いが増えます・・・
折り返した袖口が落ちてこないよう、表からは見えないように、
浅く生地をすくって留めています。
このバッテンみたいな形が、鳥の足に見えるからなのか、「千鳥掛け」といいます。
規則正しくできると嬉しい、個人的には好きな作業です(笑)

そして、ひっくり返すと、、

IMAG0746.jpg

こうなります。
お店で見かける服の状態になってきました。

そして、袖ぐりをぐるっと一周縫うと、身頃と袖がくっつきまして、、

IMAG0750.jpg

ほぼほぼ完成に・・・!!
まだ細かい仕上げは残っていますが、形はもうお洋服の姿ですね。
道のりが長かっただけに、感慨もひとしおです。
大体この段階で、嬉しくなって、完成してもいないのに羽織ってみたりしちゃいます(笑)

通常は、これから細かい仕上げをして完成なのですが、
自分で自分に課した最大の課題、ライナー作りが待っています・・・
次の更新では、そちらをレポートする予定です。
初めての挑戦をしたので、もしご覧いただけましたら幸いです!

さて、本日はここまで。







スポンサーサイト

この記事へのトラックバック URL
http://yubitote.blog.fc2.com/tb.php/184-7b8a351a
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する