2016.09.30

中欧旅行記 その7 チェスキー・クルムロフへ

やっとこさ三か国目、チェコに突入です!

ウイーンからプラハへ向かう道中、世界遺産の街、チェスキー・クルムロフに立ち寄りました!

PicsPlay_1475239164539.jpg

道案内の看板からして雰囲気あります。
いや、ほんとに、看板の通りの街並みなんです・・・!!

P8280600.jpg

門をくぐるとそこは中世!

簡単に解説しますと・・・
チェスキー・クルムロフ。蛇行したヴルダヴァ川(モルダウ川)を見下ろす高台に築かれたお城を中心に
発展した城下町。現在でも13世紀の街並みがほぼ完璧な姿で残っている街。

P8280613.jpg

改めて写真で見ると、現実味がないですね・・・それぐらいに美しかったです。
後ろに高くそびえているのが、チェスキー・クルムロフ城。

P8280616.jpg

個人的に、感動したのはこんな所。
中央にある「MDLXXVI」の文字、これ、ローマ数字なんです。
アラビア数字が浸透する前に建てられた建物で、M=1000、D=500、L=50、X=10、V=5、I=1となりまして・・・
こちら、1576年築です。さらっとすごい。日本だと・・・戦国時代ですね・・・

P8280610.jpg

こちらの壁ですが、スグラフィット装飾という技法で描かれたもの。
白く漆喰を塗ったところで、乾ききる前にそれを削って土台の色を残す技法で、
グラフィカルなデザインがとってもおしゃれでした!

P8280629.jpg

これも個人的にお気に入りだったので写真に収めたもの。
日時計、壁掛け(壁画?)バージョン。
絵の雰囲気がなんとも素敵でした!

P8280628.jpg

最後に高台から撮った写真を。
地方の街なので、街の外には自然が広がっていて、思わず現代を飛び出して
タイムスリップしたような感覚に。
ちなみに、某ジブリ映画のモデルに使われたとの説もあります、、、納得。

散策時間が短かったので、もう少し滞在したかった・・・!!
ともあれ、次は期待のプラハが待っている!
バスに揺られて約3時間半、次回はプラハの写真を中心にレポートします*

スポンサーサイト

この記事へのトラックバック URL
http://yubitote.blog.fc2.com/tb.php/209-5469d0e9
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する