FC2ブログ
2017.01.15

あたたかフリースで、素敵な和装を*

ついに何でも屋になりつつある、ユビトテです(笑)

もともとお着物も大好きで、着付けも習いに行ったほどの私。
着るのも見るのも好き、そうなってくると、和裁も・・・興味が湧いてきまして。
いつか浴衣くらいは自分で縫ってみたいなー、と思っていたのですが、
以前お仕立てをした方から「着物用のコートを縫ってほしい」との依頼を頂きまして、
やってみたさで是非にと引き受けました。

IMAG1374.jpg

真冬でも軽くて暖かく。フリース素材で制作しました。
お手入れもしやすい方が良いとのリクエストもありましたので、
家庭でもお洗濯できるように仕立てています。

IMAG1377.jpg

デザインも依頼主さまとご相談しながら、細かいご要望にもできるだけ対応しています*

着物姿の華である、襟元がきれいに見えるカットにもこだわりが。
縁の紅いパイピングも、和装ならではの配色で、きりりと素敵に仕上がりました!
イメージに近い「紅」の色を探すのに苦労しました・・・
一言に「紅」といっても、いろいろあって、
鮮やかなもの、渋いもの、オレンジ寄りなのか、ピンク寄りなのか・・・
細かく希望も聞きながら、メインの生地を引き立てて、かつ安っぽくならないものをセレクトしたつもりです。

IMAG1379.jpg

はじめての着物の形での仕立て。
つくりながら、ちゃんとした形に出来上がっていく様が、とても嬉しかったです。
ご依頼主さまには、洋裁の感覚で作ってもらって構わない、と言って頂いたのですが、
やはり、ある程度は和裁の知識もいれておかないといけないなと感じ、
和裁の本を見ながら、自分なりに落とし込みました。

洋裁と和裁、似ているようで考え方が違うところもたくさんあり、
新しい発見もたくさんありました!
やっぱり、新しいことを知るのは楽しいです。

IMAG1378.jpg

後ろ姿はこんな感じ。
帯を抱え込むように、後ろの方が生地はたっぷりと使ってあります。
少し裾すぼまりのシルエットは、和服ならではの美しさですよね。

IMAG1380.jpg

ちなみに内側はこんな感じで、一枚仕立て。
縫い代の始末などは、洋裁の知識を活かして、綺麗にパイピングで仕上げました。
脱いだ時も美しく・・・ここは私のこだわりだったりします。
そのこだわりのおかげで、縫い代をくるむテープの長さが10mを超えました(笑)
なかなか大変でありました・・・

お仕事をお受けした時は、自分に出来るのか?というプレッシャーもありましたが、
新たな発見もあり、さらには密かな夢である和裁にも挑戦することが出来ました。
改めて、私を信頼してくださった依頼主様には御礼申し上げます。
貴重な機会を頂き、ありがとうございました!

しばらくは、冬ごもりしながら服作りの日々が続きそうです・・・
ああ、作りたいものがたくさん・・・!!






スポンサーサイト

この記事へのトラックバック URL
http://yubitote.blog.fc2.com/tb.php/219-5b158512
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する